ポケモン

映画ポケモン ミュウツーの逆襲EVOLUTIONのネタバレなしの感想

ミュウツーの逆襲のパンフレット

劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲EVOLUTION

観てきた。とてもよかった。

ミュウツーの逆襲の映画の半券

ただミュウツーの逆襲ってあんなんやったっけ?(笑)

観たことはあるけど、ほぼ忘れてたからおニューな気持ちで観れました。逆に忘れててよかったかも?

では以下拙い感想を思いのまま書き殴っております。

ミュウツーの逆襲EVOLUTION の あらすじ

全世界に告ぐ――。原点にして、最高峰。

「清らかな心と、会いたいと強く願う気持ち」
その二つをもつ冒険者の前にだけ姿を現すという幻のポケモン・ミュウ。

全てのポケモンの“はじまり”と言われ、世界中のポケモン研究者が行方を追うなか、ついに一人の科学者がミュウの化石を発見し、それを元に神をも恐れぬ禁断の行為に手を染めてしまう。

「ここはどこだ…。わたしは誰だ…。」

最強のポケモンをつくりたいという人間のエゴによって、この世に生み落とされた伝説のポケモン。

その名もミュウツー。

存在する理由も分からないまま、最強の兵器としての実験を繰り返されるミュウツーは、その心の中に、自分を生み出した人間に対する憎悪の念を宿していく――。

https://www.pokemon-movie.jpより引用

声優さんが素晴らしい

まず言わせて頂きたい、

声優さんが完璧でした。素晴らしかった。

変に芸能人を出演させて棒読み感スゴィィってなるの非常に好きじゃない。むしろ完全に嫌い。

声に違和感あるとそっちに気が散って、内容が全然入ってこんのです。

しかし今回はそういう違和感が全くなく心地よく観ることができました。全ての声が素晴らしかったありがとう。

小林幸子さんが声を当ててるキャラがいたんやけど、、グッジョブ!

一瞬で「あ、小林幸子さんや!」って分かるんやけども、違和感なくキャラに合ってました。素晴らしかったです。

そしてそして神谷浩史さん吉野裕行さんがサブで出てた!驚愕と歓喜。

神谷さんの声は至る所でよく聴くから「おぉ~神谷さんキタかぁ」程度のリアクションやったけど、吉野さんは猛烈に嬉しかったネ‼︎イイ声、スキ。

サトシは無論何も言うことはない。

松本梨香さん本間まじイイ声、スキ。世界一スキ。

ピカチュウの演技力

やっぱり最大の見所としてお涙頂戴狙ってきてるシーンでのピカチュウさん。

ピカチュウの一人芝居。

ネタバレはしないでおこうと思うのでざっくり言うと、サトシが倒れるシーンがあってその時、ずっと「ピカピ」って言いながら、「サトシ」って呼びかけてるん。

周りのポケモン達と同じように私の目にも涙が・・・。そんなんされたら、あかんてぇえええええ。

“ピカチュウ”っていうたった五文字だけで、あの演技力。

此方に伝わってくるピカチュウの想いに、必ず胸が苦しくなって感動するしかないのでご注意。

ピカチュウが「ピカピ」って「サトシ」って呼びかけるシーン好き。

懐かしいアニポケ無印の仲間達

カスミが安定して可愛かった。

流石、世界の美少女カスミ可愛い。顔、キャラ、性格、声、服装、スタイル、全てが可愛い。キャピキャピ感ある声がまたイイ。

タケシの糸目はアニメとは違って何とも言えん感じになってた(爆)優男満載な顔。

ニヤけてる顔って感じ。分かる??伝わる??

3DCGはどう?

ドラえもんのSTAND BY MEと同じ感覚で観たから、私は全く違和感なかったです。

つまり全くの別物として観る。パラレルワールド的な。

普段amazonプライムのアニメで観てるポケモンとは別物として映画を観に行ったから問題なし。

勿論、以前のミュウツーの逆襲とも別物として考える。同じものとして観に行ったら、もしかしたら違和感があるかもしれません。

だから別の作品として観に行った方が作品を楽しめると思います。

2Dと3Dと見え方は違えど、声が変わらんからそのままいつものキャラとして受け入れられる。やっぱり声って大事。

3Dならではのリアルさ

ギャラドスのヒゲとかウィンディの毛並みの動きとか、3Dやからこそポケモンの細部の動きが丁寧に表現されてて大層リアル。

映画名探偵ピカチュウを観た時も思ったけど、リアル過ぎて、身近にポケモンがいたらこんな感じなんやろうなぁ〜っていうのが容易に想像できるのが良い。夢があって素敵。

ミュウツーの逆襲EVOLUTION 見所シーン

バトルシーン

ポケモンと言えばバトルシーン。

私はバトルシーンが好きなので問答無用で泣ける。必死でバトルするその熱さに胸がやられる。

バトルシーン、非常に良かったです。(語彙力)

ポケモンの動きがあるシーンは最高ですな。

ミュウとミュウツーの殺伐としたバトルシーンとか迫力満点よ。あんな可愛かった天然ミュウが、ナチュラルに激し過ぎる攻撃を繰り広げるギャップ。

海へ飛び出すシーン

嵐の中お城に向かうシーンで、神谷さんと吉野さん達が格好良く海へ飛び立つんですよ!

ありきたりな言葉で言うと、控えめに言ってまあ最高に格好いい。

ピジョットに乗って。

ギャラドスに乗って。

ジュゴンの背中に飛び乗って海へ。

もう一度言わせて、最高かよ!!

あんなことしてみたいぃいい!とポケモンと一緒に暮らす世界を夢見るポケモンだいすきクラブ会員な私たちの心を揺さぶってくる。

フシギダネも大活躍

忘れちゃいけないフシギダネ。

サトシのポケモンとして初代御三家大活躍。フシギダネさんも勿論のこと大活躍で、本間に嬉しかった。

ソーラービーム打つフシギダネ格好いいし、走り回る姿、ミュウツーが作ったモンスターボールから出てきてサトシ見つけて走りよる姿、可愛過ぎか!

フシギダネとは別に、最初いきなりイワークたん出てきて、ウィンディ走り出した時点でテンション暴上がりした。イワァアアアークって鳴き声が可愛過ぎるんやけど、分かってもらえる?

感想

「ホンモノでもコピーでも生きてる。今は同じ生き物。」

お互い複雑な想いはあれど、同じ星に生きる生き物として受け入れられたら、いいのにね。そんな簡単なものやないのも分かるから、難しいテーマですね。

考えさせられる映画。

大人でも楽しめる原点にして最高峰。

でもサトシの前向きさを目の当たりにすると、ごちゃごちゃ考えずに純粋に真っ直ぐに単純に考えればいいんかなって思える。

サトシにつられてこっちまで前向きになる。

やっぱりサトシは絶対的主人公。

まあでも人間がミュウツー作るからコトの発端になった訳やから、そりゃミュウツーさんおこですわ。

私は誰だ状態になるよな!

サカキ様に利用されたあげく、人間の駒じゃぁああみたいな煽りされたら誰でもおこやわ。

でも同じこと(コピー)するんよな。コピーカメックス・コピーフシギバナ・コピーリザードン。

このコピー御三家を作り出したんは、ミュウツーなんよな。この子らも私は誰だ状態になって苦しむ、よ?ってちょっとミュウツーさんに言いたいかな。まあ怖いから言えへんけど。

あんまり内容には触れてへんけど、このように公式が原点にして最高峰って言うてるぐらいやから内容は文句なしで面白い。

「ミュウツーの逆襲」と「ミュウツーの逆襲EVOLUTIONEVOLUTION」を観比べな!

CGの映像が凄すぎて終始雰囲気いかつめやったんやが。今の子供達はあんな激しい映画を観るん?(笑)

洋画のアクション映画観てる感覚に近いものがあって、映像的に大人向けなように思いました。

ポップというよりはダーク?

サトシが出てくるまで、まあまあダークな雰囲気続いたから、ここ数年の「キミに決めた」「みんなの物語」とが雰囲気が全然ちゃうから気を引き締めて観に行って下さい。

他にも書きたいことは溢れ出てきて仕方ないんですがキリがないのと、もうそろそろ眠たいので、ここで辞めます。感情が爆発して書き殴りました。お付き合いありがとうございました。

映画ポケモン ミュウツーの逆襲EVOLUTION観に行ってみそ!

因みにグッズは買いませんでした。以上です。