食べ物

コストコのポップコーンで失敗しない電子レンジの時間

KIRKLANDマイクロウェーブ ポップコーンのアイキャッチ画像

コストで大量のポップコーンを買ってきた時の話。

コストコで買えるKIRKLANDマイクロウェーブ ポップコーン

あの箱で大量に入ってるやつ。コストコのオリジナルブランドらしい!知らんけど!

お家でポップコーン作れる、しかも大量にとか最高やん?って思って意気揚々と説明書通りの時間でレンジでチンしたら、不発めっちゃあったんやが!?次は時間長めにしてみたら焦げたんやが!?

そこでベストの時間を探し出した!

幾度となく、ポップコーンを焦し、ポップコーンの不発に嘆き、ようやくピッタリ合う時間を発見した!

焦げなく不発なく美味しくポップコーンを完成させよう!

 

コストコオリジナルブランドとか言いながら楽天で売ってるんやけど、ん?

 

コストコのポップコーンの作り方

箱に書かれてた作り方は

  1. プラスチックの袋を外して中の茶色い袋を電子レンジで2分半チン。
  2. 完成。

簡単過ぎる。これで美味しいポップコーン食べれるなんてコストコ最高。

ただ先に結論を言っておく、電子レンジは600Wで3分50秒しよう!

 

まずは説明書き通りに作ってみた。

KIRKLANDマイクロウェーブ ポップコーン コストコのポップコーンを開けると茶色い袋が入ってる

プラスチック袋を外すと、中には薄い茶封筒みたいなものが入ってる。けど注意。これ開けたあかん!

 

コストコのポップコーンをチンする

プラスチックの袋をだけを外してそのまま「THIS SIDE UP」の面を上にして、電子レンジへ。

500Wで2分30秒に設定し加熱すると、

コストコのポップコーンが膨らんだ写真

パンパンに膨らんだ!!

めちゃくちゃ熱いから火傷に注意。ほんでめちゃくちゃ熱風が袋の中で漂ってるから開けるときも注意。

コストコのポップコーンが膨らんだ

写真がブレてるやつしかなかった。申し訳ない。

因みにチンした後は開ける前にふるふるしよう。袋持って振ろう。

バター味のポップコーンやから、そのバターが全体に馴染むように振ろうってことらしい。お忘れなく。

 

電子レンジの時間を2分半でチンした場合

コストコのポップコーンの不発の実

写真の通り、2分半のチンやとこんなけ不発が残る。勿体ない。

ってことで開けた茶色い袋に不発豆を戻してもっかいチンしてみた。

コストコのポップコーンを二回チンする

レンジの時間は「ポンポン」っていう音を聞いて、適当なところで取り出しました。

二回目のチンでできたコストコのポップコーン

無事に花ひらいた。んやが、これも写真がブレたやつしかなかったから分か理にくいけど、めちゃくちゃ焦げた。

白い部分でなく、白い部分の中央の茶色い部分が焦げてた。食べたら焦げの味がした。悲し。でも食べれへんこともない。私は全部食べた。

 

コストコのポップコーンの時間は600Wで3分50秒

もう一度言おう、電子レンジの時間は600Wで3分50秒がベスト。(私調べ)

 

袋に記載されてる2分半は短いから追加でしてみたんやけど、結果焦げてしまった。そこでググってみたら結構4分がベストって書いてることが多かったんやが、なんでか私結構焦げた…。レンチン時間を少なくするとはじけずまだ豆(?)のままやったり。

何回も食べる度に時間を変えてチンした結果、3分50秒がベスト!この10秒短くすることが大事!

3分50秒が一番不発のままのも少なく、焦げもなかった。

何回も試した結果、行き着いた時間やから参考にしてみてください。

 

味は勿論バターが効いてておいしかった。

 

あの箱何個入ってるんかな?ってくらい大量にポップコーン作れるから、自分の家のレンジに合う時間を探してみるんも楽しいかも?

コストコってやっぱ楽しいよなぁ、明らかに食べきれへんのに買いたくなってまう。テーマパークやで。あぁ、コストコまた行きたいなぁ。会員ちゃうけど。